地元のライブハウスをもっと使ってほしい

遠州地域の音楽活動はけっこうバラバラなイメージがします。それぞれが思い思いの楽しみ方をしていますが、みんなでわーっと盛り上がるような感じはないですね。楽器メーカーがたくさんある街ですから、楽器を弾く人は多いですが。例えば居酒屋に集まっている人たちでもバンドを組もうと思えばすぐに組めてしまったり(笑)。でも大学生なんかは学校内の学園祭とかで完結してしまって、街中でライブをする機会が減っていると思います。そんな学生たちがもっと気軽にライブを楽しめる状況を作りたいと思い、できるだけ彼らに負担が少ない形でのイベントをちょっとずつ仕掛けていきたいと思っています。

「音楽の街=浜松」というのはあまり意識していませんが、浜松在住のミュージシャンであるADAM atの玉田さんとは「浜松に住んでいて良かったと思えるミュージシャンでありたい、浜松にいて良かったと思えるイベントがしたい」と、つねづね話しています。浜松って「窓枠」があるからいいよね!って言ってもらえるように頑張らなきゃと思っています。

1 2 3