全国に緊急事態宣言が拡大され、ここ遠州でも、すべての分野・業種でさまざまな影響が出ています。誰もが、これまで経験したことのないきびしい状況のなか、それでも希望や夢・未来を信じて頑張っている人たちがいます。われわれ『えんらく&エンシュージアスト』は、現状に立ち向かっている人に注目して、その思いと希望を語ってもらいました。

第一回の「E メジャーで行こう!」は、県西部最大のキャパを誇る「LiveHouse浜松窓枠」代表の上嶋さんに話をうかがいました。
コロナウィルス感染拡大が問題になった早い段階で、名指しで「危険な場所」にされてしまったライブハウス。そのライブハウスは、今どんな状況におかれているのか?現状への率直な思いと、それに打ち勝つためにどんな希望をもって取り組んでいるか。見つめる先の遠州の未来像についてなどを語ってもらいました。

「LiveHouse浜松窓枠」代表 上嶋潤さん

ライブハウスなのにライブができない今

浜松市内のライブハウスでも3月に入った頃から自粛のムードが広がり「LiveHouse浜松窓枠(以下、「窓枠」)」も、4月はライブ・イベントとも「0」という状況です。現時点ではまだ先が見えないので、5月6月もどうなるかなあという感じです。「窓枠」は2004年に父が始めて、2010年に今の場所に移転。オープンからずっとほぼ同じスタッフで16年、素人が手探り・手作りで始めたライブハウスですが、こんなに長い間ライブができないのは初めて。ライブができないと現金収入がゼロの状態で、状況は正直苦しいです。それでも、以前から行っていたTシャツなどのグッズ販売や、自粛後のスケジュールを考えたり、2階で母が切り盛りする「カフェAOZORA」がお弁当の予約販売をしているので、完全休業しているわけではありませんが、ここしばらくはステージもスタジオも使われていません。でもまあ、ジタバタしてもしょうがないですし、今はなるべく先のことや、今できる楽しいことを考えています。政府からの支援策も気にはなりますが、文句を言ってどうこうできる話でもありませんし、もっとリアルなことに注力したいです。

1 2 3