浜松市の「浜松の注染」の紹介PVにてんりゅう柄の染めの様子が紹介されています。「てんりゅう柄」がツールとして手ぬぐいになる過程を見ることができます。

このてんりゅう柄は、細川という2回染めの作業をしています。
まず、ベースとなる柄が染められ、洗浄、干し、伸ばして2度目の染めになります。2度目の染めは、土手を作ることなく、サンプルの画をもとに職人が直接、染料を注いでいきます。

遠州の風によって乾かせられる姿は圧巻です。